お金と美女の関係性

木村です、

「お金儲けが上手い人はモテる」という
噂があるのですが、ご存知ですか?

実は、異性を手玉にとるスキルを持つと、
お金を稼ぐスキルも同時に身につくのです。

一般的には、

「お金を持つと美女が寄ってくる」
「お金があるから女性からモテる」

という認識があります。

確かに親からの相続や宝くじ、ギャンブルで
偶然お金持ちになった人はルックスの良い
セクシーな女性からカモにされる事があります。

お金目当ての女性がニコニコしながら
寄り添ってきます。

そして、

いつの間にか全財産を持ち逃げされて
丸裸にされる恐れがあります。

しかし、自分でビジネスをして、会社を作って、
実力で資産を構築した人たちは、経済力抜きで
女性を虜にするスキルを身につけています。

なぜそのような事になるのかというと、お金を
儲ける時も、ブロンド美女とベッドインする時も、

『Yesと言わせる事が重要』

だからです。

相手が落ちるタイミングで「Yes」を
引き出す事ができるからです。

魅力的な商品(人間性)を作って、アピールし、
興味を持ってもらって、信用してもらって、
口説き落とす、この流れをマスターしています。

だから次々と商品を売って資産を築いたり、
好みの女性を虜にする事ができるのです。

では「Yes」を引き出すスキルとは
いったい
何なのか?

一言で言うと、

「顧客心理を正しいステップで満たす行為」

だと思っています。

多くの人はいきなり商品を売り付けます。

出会ってその日にお持ち帰りしようと
目を血走らせています。

しかし、9割近く失敗してしまいます。

なぜかと言うとステップを踏んでいないからです。

「新商品発売!買ってね!」と言って
買ってくれるのは、既存客だけです。

新規顧客は見向きもしてくれません。

クシャクシャに丸めて、ポストの近くに
設置されたゴミ箱へ捨ててしまいます。

女性と楽しい事をする時も同じです。

出会ってすぐに「ハァーハァー、ホテルに
行こうよ」と言ったらドン引きですし、最悪
通報される可能性も否定できません。

初めはお話しして、連絡先を交換して、
デートして、チューして…と、

ステップを踏む事を忘れてはならないのです。

では正しいステップの踏み方ですが、
まず
初めは提供する事から始めます。

出会ってすぐに、

「ねぇねぇー、連絡先を教えてよ!
デートしようよ!エヘヘ…」

と言ったら断られます。

出会い方にもよりますが、まずは何か
提供する事から始めなければなりません。

そして提供する時には必ず、次へ繋がる
お願いを相手に持ちかける事が重要です。

「今度ご飯ご馳走させてよ!」
→「だから、連絡先を教えてください」

といった感じです。

商品でも同じで、初めに試供品をタダで
プレゼントすれば良いのです。

そしてその時に、

「配送するので住所や連絡先、アドレス、
名前を教えてください」

と顧客情報を教えてもらいます。

これで次からは、こちらからデートに
誘う事もできます。

新商品の情報をお知らせする事もできます。

ただし、ここでも少しずつステップを
踏む事を忘れてはいけません。

いきなり「海外にお泊りデートしようよ」
とメールやLINEを送ったら終わりです。

「精力を増幅させ、男性のあそこを最大で
1.3倍にするサプリを発売中…
120粒入りで2万9800円!お得です!」

と言ったって、誰も買ってくれません。

まだ信用できないですし、そこまで
心を許せてはいない状況です。

なので、ここでも小さなオファーを出します。

「少しだけカフェでお話ししませんか?」

「お試しサイズの1週間21粒を100円で販売」

などと手軽で、断りにくく、同時に、少しだけ
相手に踏みこめるオファーを流します。

こうやって少しずつ警戒心を解いていくのです。

そして、相手が完全に心を許したら最後に
あなたの希望するオファーを出します。

「俺のお家に泊まりにおいでよ!」

「サプリメント4万9800円で販売します!」

もちろん、ここでも相手にそれ相応のメリット、
根拠、理由を結びつける事が必要です。

動機付けをしないと人は動いてくれません。

これが「Yes」を引き出す一連のステップです。

ダイエットジムの会員登録で例えますが、

私ならまず初めに、お試し参加できる
企画を考えます。

ここで大切なのが「無料」にする事です。

あなたの商品が素晴らしいという事実を
お客さんに知ってもらわなければなりません。

2〜3日くらい無料で体験してもらいます。

ポスティングでクーポンを配布するのも
良いかもしれません。

『ダイエットジム1日無料体験クーポン』

と言った感じで、3枚ほどプレゼントします。

で、実際に来てくれたお客さんには
住所や連絡先を書いてもらいます。

そして、3日分の体験を終えてお客さんが
入会したいと言えば、入会手続きをすれば
それでOKです。

目的を達成する事ができました。

もし入会希望の問い合わせが無い場合は
小冊子を700円くらいで販売します。

『自宅でできる7つのダイエット方法』

と言った感じで、体験で来てもらった際、
記入してもらった住所やメアドに
オファーを流せば良いです。

そして、次はさらにもう一つ踏み込んだ
オファーを流して…そして、

最後に入会する為のオファーを流せば
マーケティングが完成します。

自然な流れで「Yse」を引き出す事ができます。

ちなみに、今回の方法は他にも色々と
応用する事が可能なテクニックです。

相手に「Yes」と言ってもらいたい時は
いつでも使用することができます。

交渉などの時にも応用させる事ができます。

ぜひ、試してみてください。
それでは!

木村玲央

 

追伸:
スパムコメントを防止するため、
コメントは受け付けておりません。

質問や感想は以下のメールアドレスへ
いただけますと大変うれしいです。

クリックするとメーラーが自動で起動します:
krcopymind@gmail.com

コメントは受け付けていません。