セールスだとバレたら負け

木村です、

物を販売する上で最も大切ことって
知ってますか?

広告でも、チラシでも、メールでも
Webでも、対面でも、すべて同じで
『ある』共通が存在します。

それは「バレない」ことです。

お客さんにセールスだとバレない事が
最も大切になります。

つまり、出会った瞬間に

「セールスだ!営業だ!」

と悟られた瞬間に負けなのです。

その瞬間、お客さんは財布のヒモを
固結びで握り締めます。

警戒心をむき出しにしてきます。

そうなっては、どれだけ魅力的な商品も
売れなくなってしまいます。

私たちは売り込まれることを嫌います。

アレルギー反応で逃げ出したくなるくらい
売り込みに強い抵抗を持っています。

例えば、道を歩いていたとします。

すると、目の前に唇がふっくらして、
肩を露出させ、ふわっとした髪の毛の
セクシーな女性が立っています。

で、その女性の目の前に差し掛かった瞬間

「ねえ、お兄さんホテル行こうよ!」

と、急に声をかけられたら普通は
警戒したり、逃げると思います。

「わーい!えへへ…いいの?」

と呑気な顔をして着いて行くような事は
ないと思います。

強い顔のお兄さんが後ろから出てこないか
かなり強めに警戒すると思います。

この状況と同じで、私たちは自分で
「選びたい」という願望を持っています。

相手から強引に迫られたくないのです。

自分の意思で選択したいのです。

自分がどれだけ欲しいものであっても、
命令されたり、誘導されると本能的に
壁を作ってしまうのです。

なので、お客さんにセールスだと
思われないようにしなければなりません。

懐に入り込まなければならないのです。

もちろん、最終的にセールスしなければ
商品を買ってもらう事は出来ません。

なので、いずれセールスだとバレます。

が、

お客さんの心のブロックが外れるまでは
必ずセールス臭を消す必要があります。

では、どうすれば警戒されずに済むか?

1番の理想は口コミセールスです。

友達の話を警戒しながら聞く人は滅多に
いません。

普通は心をオープンで会話をしています。

なので、世間話のついでに紹介する事で
売れるケースがよくあります。

もう1つはDRMを使います。

初めに興味を持っている人を探します。

で、その人だけを対象に電話や対面、
メールなどでセールスをします。

自分に興味を持ってくれている女性を
デートに誘う感じです。

そうすれば、断られる確率も少ないです。

相手も自分に興味を持っているので
スムーズに話が進みます。

ベッドインで気持ちの良い行為まで
その日のうちに達成してしまうことも
考えられます。

そういった感じで、とにかく心が開いた
相手だけにセールスをしていきます。

そうする事で次々と売上げが出るのです。

あなたのプライベート所得も日々、
向上していく事になるのです。

自由に使えるお金が増えるので、友人と
マレーシア辺りの親日国で若くて可愛い
現地人と仲良くする事も可能です。

稼いだお金を資金として新しい事業に
チャンレジしても面白いかもしれません。

とにかく、

『売り込みだと悟らせない』

このマインドセットは紙に書いて
大切に保管しておいてください。

それでは、私は夕食を食べてきます。

今日は野菜炒めに有機大豆で作られた
味噌汁を予定しています。

それでは、ちゃお!

木村玲央

追伸:
スパムコメントを防止するため、
コメントは受け付けておりません。

質問や感想は以下のメールアドレスへ
いただけますと大変うれしいです。

クリックするとメーラーが自動で起動します:
krcopymind@gmail.com

コメントは受け付けていません。