哺乳類セールス

木村です、

今回の話はかなり躊躇しています。

私は『セールスライター』と言って
HPやFAX、セールスビデオなどの
原稿や台本を書く仕事をしています。

このブログでもタイミングを見て
セールスをしています。

隙を見つけるとすぐに売り込みます。

なので、常に警戒する事を強く
お奨めしています。

で、

そんな私がセールスをする上で
いくつか大切にしている事があります。

あまり小細工系のテクニックなどに
興味はないのですが、

『心理学』や『脳科学』

といった分野には興味があります。

チャルディーニさんという教授が
書いた「影響力の武器」という
書籍などもそうです。

分厚い専門書ですが、興味があれば
1度、読んでみると良いかもしれません。

そこで今回、あなたにシェアする
セールスの秘密は『脳』に関する
内容です。

紀元前、もっと言えば白亜紀から続く
生物としての『本能』を使ったかなり
強力でパワフルな秘密をお伝えしようと
思っています。

その前に、まず理解して欲しい事が
1つだけあります。

多くの人が誤解しているのですが私達
人類の脳は『他の生物と大差が無い』
ということです。

もちろん、論理的に物事を考えたり
学習する機能を持っていますが、
それほど大きな違いはないのです。

私たちの脳は”基本的”にお猿さんや
ハエと同じなのです。

少しだけ優秀というくらいです。

この事実をまずは理解して下さい。

ちなみに、科学的にとか証拠とか
そういうものは知りません。

なので信じる、信じないは任せますが
話が進まなくなってしまうので今は
私たちの脳はハエ並み、という前提で
話を進めます。

それで、じゃあなぜ人類だけが他の
動物より進化できたのか?

それは論理思考があるからです。

「私たちの脳はハエ並みですよ」

と言いましたが、猿とハエだと
猿の方が優秀です。

人類と猿だと人類の方が優秀です。

が、みな基本的には同じです。

ハエやカメなどの思考回路が私たち
人類や猿の思考のベースにあります。

そして次に、お猿さんや猫、犬など
少し進化した脳を持った生物がいます。

最後に私たち人類です。

さらにその上に宇宙人脳が存在する
という説もありますが、ややこしい
問題になるので今回はパスです。

(個人的にはかなり信用しています…)

で、何度も繰り返しますが私たちの
脳のベースは、ハエやカメなど
爬虫類と呼ばれる生物と同じです。

そして次にベースとなる爬虫類脳に
お猿さんやワンコなど、哺乳類脳が
薄くまとわりついています。

そして最後に私たち人類の論理脳が
周囲を覆っている、という感じです。

『大脳新皮質』と呼ばれる進化的に
発達した部位が人間脳です。

つまり、私たちの脳は自然と爬虫類、
哺乳類、そして人類の順で3つ脳部を
通過する、ということです。

そして何事もそうですが、ベースや
基本が最も支配力を持っています。

右利きの人はいつも右手を使って
作業をすると思いますが、それを
左手にするとかなりストレスです。

思うように動けなくなってしまいます。

右手で作業する事が『基本』として
刷り込まれているからです。

それと同じで、脳もベース(基本)の
爬虫類脳が最も強いのです。

逆らおうとするとストレスになるのです。

食べたり、走ったり、逃げたり、
異性と交尾したり、寝たり…

そういった欲求を無視する事が
できないのです。

だからこそ私たち人類は、

「戦い」や「セクシャル」な事に
強い興味を持ちます。

ケンカや男女がイチャイチャする
シーンがほぼ、すべての映画で
使われるのはそのせいです。

ストーリーに関係なく、それらを
使うだけで人は興奮するのです。

ナチュラルハイになるのです。

なので人は、闘争、ロマンチック、
逃げる、追いかける、駆け引き、
支配、セクシャル、に強い欲望を
抱えてしまいます。

前のめりになって、興奮気味で
集中して見たり聞いてしまうのです。

ただし、

これらは多くの企業も薄々ですが
感づいていることです。

事実、顔の良いタレントを起用したり
雑誌などではセクシャルな表現や写真が
ポイントポイントで使われています。

特に雑誌は腕の良いライターが
書いてますので、勉強になります。

ぜひ、あなたも一度は読んでみて下さい。

で、

他の多くの企業と差別化するためには
いったいどうすれば良いのでしょうか?

それは、、、第2の脳を使うのです。

『哺乳類脳』です。

猿やいぬ、猫などの思考を使います。

ちなみに哺乳類が身につけた脳は
集団、仲間、グループ意識です。

つまり、

「グループに入りたい」という
欲を刺激していくのです。

ステータスの高いグループ、
お金持ちな人のグループ、
オシャレな人のグループ、、、

とにかく、仲間意識や集団、友達、
グループの輪を使っていきます。

ここで特に意識すると良いのは
『爬虫類+哺乳類』を融合させて
欲を刺激する事です。

さっきもお話しした通り、爬虫類は
競争やセクシャルが大半を占めてます。

そこに哺乳類の集団欲を融合させます。

特に『戦い、競争』がお奨めです。

「その他の人より強い集団、組織」
「エリート集団の会員生」

といった感じで、全人口で1割だけの
特別な存在、エリート、支配者という
イメージを付加させるのです。

そうする事で爬虫類と哺乳類2つの
脳部位を同時に刺激する事ができます。

競争に勝った、仲間がいる、という
2つの欲望が得られる事をお客さんに
印象付ける事ができるのです。

そして、

さらに哺乳類脳には多くの人が知らない
別の秘密が隠されています。

実はこの「親和の心理」というものは
ある程度、セールスを勉強していれば
発見する事ができます。

特に「マズローの五段階説」などを
勉強すると理解が深まります。

が、

実はさらにその先に隠れた欲望や
裏の心理が存在したのです。

それが、、、

と思ったのですが、少し喉が
渇いてきました。

エアコンの効いた部屋で書いてると
すぐに喉が渇いてきます。

なので、

水を飲んできますので続きはまた今度
機会があればシェアしたいと思います。

それでは、しゅわっち!

木村玲央

追伸:
スパムコメントを防止するため、
コメントは受け付けておりません。

質問や感想は以下のメールアドレスへ
いただけますと大変うれしいです。

クリックするとメーラーが自動で起動します:
krcopymind@gmail.com

コメントは受け付けていません。