顧客満足度を上げろ

木村です、

私は自己中心的な傾向があります。

ムカつく事があると、すぐに
相手を殴ってしまいます。

パンチしたり、蹴ったり、とにかく
暴力的な一面を見せてしまいます。

ビジネスでも、他のライバルより
「どれだけ自分が稼げるか」という
事にフォーカスしてしまいます。

とにかく自分の利益ばかりを
考えてしまいます。

が、

そんな私でもたった1つ
自己犠牲する事があります。

それは『お客さん』に対してです。

商品を買ってもらうお客さんには
とにかく「得」をしてもらおうと
意識するようにしています。

支払ったお金以上に利益や満足を
得てもらう事を考えてます。

これは人間関係でも同じです。

とにかく相手に得してもらう事を
優先的に考えています。

巷には「win-win」という言葉が
ありますが、私の場合は基本的に
すべて相手に勝ちを譲ります。

ただ、こんな事を言うと

「木村さん、偽善者ぶってるんですか?」

という声が出るのですが、別に
偽善者ぶっているわけではないです。

最初にも言った通り、私は
自己中心な性格をしています。

自分を守る事ばかり優先します。

傲慢でワガママな人間なのです。

なので偽善とか、そういう事を
ヤりたいと思いません。

ではなぜ、お客さんには
自己犠牲する事ができるのか?

見返りを求めているからです。

それも短期的に、

「この前、これして上げたから
 次はあなたが言う事聞いてね」

という事ではありません。

もっと長期的に見て付き合える
リピーター、人間関係の構築を
するためです。

多くの人は『返報性の法則』を
その場で使おうとします。

与えたから次はもらう、といった風に
交換条件のように使います。

見返りを求めるのが早すぎるのです。

だから相手も本気で尽くしません。

手を抜いたり、軽い気持ちで
感謝を返そうとします。

が、お客さんが心の底から満足して
喜ぶまで尽くして、尽くして、
与え続けると、お客さん自ら

「困っていたら私に任せてください!」

と長期的な付き合いになったり、太い
リピート客になったりするのです。

もちろん、中にはあなたの事を
利用しようと悪巧みする人もいます。

これは否定する事ができません。

その場合は切れば良い話です。

スッパリと関係を白紙にするのです。

もちろん、一時的な視点で見ると
損した気分になります。

時間もお金も失うかもしれません。

しかし、5年、10年、という長い
時間で見ると「与える」という行為で
得られるメリットの方が大きいです。

損失をカバーできるほどの良い事が
待っています。

これは経験しないと理解できないと
思いますが、最終的に得するのです。

なので、お客さんに対してもですが
人間関係、生涯のパートナー選び、
すべてにおいて、

『自己犠牲で与える』

という事を意識付けてやってみて
欲しいと思います。

時間はかかると思います。

2、3日で良い事は起こりません。

騙されたり、悪い事ばかり
起こる可能性も否定できません。

しかし、1年、2年、3年、5年…

と、長期的に考えると最終的に
得する事になります。

私も初めは騙されたりしました。

かなり、単純な性格をしているので
与え続けた結果、騙されてなんども
ムカついた事があります。

しかし、今は信頼できる人ばかり
私の周りにいます。

逆に、妙な人がいたら「詐欺師」と
認定し、罪悪感ゼロで切れるので
精神的にかなりリラックスしてます。

そういう意味でも自己犠牲精神は
大切にして欲しいと思います。

それでは、これで終わります。

ちゃお!

木村玲央

追伸:
スパムコメントを防止するため、
コメントは受け付けておりません。

質問や感想は以下のメールアドレスへ
いただけますと大変うれしいです。

クリックするとメーラーが自動で起動します:
krcopymind@gmail.com

コメントは受け付けていません。